読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐ

理転もしたけれど、わたしはげんきです。

「意識高い」の三段活用

f:id:sny_njm:20150415233200j:plain

www.nhk.or.jp

 

話題になっているかは不明ですが、NHK BSにてこんなドラマが始まっていました。NHKのコメディといえば「サラリーマンNEO」なので、これもそんな雰囲気かと予想してHPを見たら、どうやら正解のようです。

 

私が大学生になった2008年にリーマンショックが発生して就活不安が一気に広まった印象があります。その後、就活ビジネスとやらが世間を賑わせたり、履歴書を飾るために学生団体を創るという現象を目にしていました。このような状況に加えてSNSが浸透したことで顕在化したのが「意識高い」人々であると考えています。

 

総合商社、コンサル志望/10代までアメリカ、シンガポール育ち/慶應義塾大学3年/三木谷浩史氏と孫正義に心酔(2人とも会ったことあり) /FC東京好き/ 学生団体○○代表/TOEIC950点/ビジョナリーカンパニー2、ドラッカーを愛読/フォローリムーブご自由に

 

 上記のTwitterプロフィール(仮)は、こちらの本から引用したものです。たしかに、一時期ちらほら見かけた文面ですが、この手のプロフィールはここ数年でかなり減ったように思います。私が大学生・就活生ではなくなったからでしょうか。

 

すでに死語になりつつある「意識高い」ですが、今回のドラマにおいて「意識高い”系”」という言葉に変わっていたことで、この言葉がもつ意味合いにとても興味を抱きました。常見陽平さんの著書では「意識高い系」になっているので、それを踏襲したのかもしれませんが、個人的になんとなく分類してみました。

 

・意識高い系
 主観:△ 客観:△ 

 

けい【系】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

 

2 名詞に付いて、一つのまとまりのある関係にあることを表す語。

[補説] 俗語では2を発展させて、「ギャル系の話し方」「ビジュアル系バンド」「いかにも体育会系の若者」「癒(いや)し系」などと用いる。

 

辞書の意味からすると、系=「っぽい・〜のような」と考えることができます。これはつまり、◯◯系=「◯◯を中心とするが、その周辺も含める」ということかと思います。「意識高い」という言葉自体が揶揄の対象となっていますが、「意識高い系」になると、もはや揶揄の対象にもならないレベルの低さを表しているのだと思います。客観的にみて明らかに言動と行動が一致していないのはもちろんのこと、本人の主観においても自分の言動が軽いこと・言動と行動を一致させる意思がないことを認識している場合かと思います。まあ、このような人が世間でネタにされるのは当然ですかね。。

 

・意識高い(笑)

 主観:◎ 客観:△

 

私が大学生のときに最も目にしたのが、この「意識高い(笑)」という表現です。「意識高い」という従来は肯定的であった言葉に「(笑)」を付したことで、一気に揶揄の表現になりました。本人は十分に「意識高い」ことを自覚して積極的な姿勢を保持しているにも関わらず、周囲からみると実力や成果が不十分であるために滑稽になってしまう。このような関係性が「意識高い(笑)」という表現を生んだのでしょう。

 

しかし、これは何か新しいことを始める人間にとっては当然なことであって、やはり「(笑)」には相手に対する嫉妬心が存在していると思います。かくいう私も、勢いづいて大学院生になったものの能力は不十分であり、会話の中で「◯◯をやりたい」と発する時は「あー、意識高い(笑)わー。」と思って悲しくなります。「(笑)」が外れるか否かは、実力が備わるか、あるいは、実力を備えるために必要十分な努力をしているかにかかっていると思います。という訳で、確固たる「意識高い」になるべく努力しているのですが、いつになったら本物になれるのか不安です。

 

・意識高い
 主観:◯ 客観:◯

 

そして、この「意識高い」論が盛り上げるときに決まって出てくるのが、「意識が高くて何が悪い」という反論であり、この反論の大半はベンチャー企業の経営者やクリエイター等の個人事業主から発せられます。彼らからしてみれば、意識を高くせずして大成などできようか!という気概なのだと思います。彼らの意見には激しく賛同なのですが、そのような反論ができ、そして、それが好意的に受け入れられるのは彼らが一定の成功を手にしているからではないでしょうか。主観と客観の判断が一致していれば「意識高い」は従来通りの肯定的な言葉として広がるのです。そして、そのような人はとてもカッコイイのです。

 

 

とりあえず分類した中で一番言いたいのは、「意識高い(笑)」を「意識高い系」に含めないでほしいということです。当事者として十分に自覚しながらも、そこから抜け出そうとしているので。