読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐ

理転もしたけれど、わたしはげんきです。

積読記:続・風の帰る場所(宮崎駿)

f:id:sny_njm:20150331134840j:plain

 

 

 本書は「風の帰る場所」の続編であり、「崖の上のポニョ」から最終作「風立ちぬ」に至るまでの各作品について、それぞれの公開後に行われたインタビューをまとめたものです。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」という二作品の流れを完全に無視した「ポニョ」を制作した背景、東日本大震災によって変化した自身の生活、そして「風立ちぬ」という異色の作品(主人公が男性・ノンフィクション要素が強い)に込めた思いが語られています。

 

ポニョに関するインタビュー内容に最も意外性を感じました。ポニョは子供向けに分かりやすく仕上げられた作品という印象が世間では強いと思います。しかし、インタビュー内では、しばしば日本文化の流れを継ぐ芸術作品だ!という話がなされています。波の表現を浮世絵と同視する人は多いです。しかし、作品全体を「芸術」というレベルにまで押し上げて話がなされていたことは一種の驚きを感じました。

 

また、年月が経つにつれ「世界を受け入れる」という信念もさらに純化されているようでした。これまでは、人間より自然や動物・男性より女性への思いが強かったようですが、それが徐々にほぐれていったようなのです。

 

1. 初めて人間に憧れる主人公を描く(2008年9月)

崖の上のポニョ」インタビュー

 

22ページ:
(渋谷氏:より抽象度を上げて、シンプルかつ力強い構造にするという。あれは明らかに今までと違いますね。)
それは最初に水平線を丸く描けと言った時から始まるんですよね。水平線はまっすぐだっていうふうに思わなくていい。自分たちの生きているところにまっすぐなものはないから。特に島には、まっすぐな道路もなければ、家を見るとみんな歪んでるんですよ。古い家だから。だからまっすぐを定規で描かなきゃいけないみたいなことは、この世界では初めから捨ててよろしいってアニメーターや美術に言いました。

 

42ページ:
でも波の上を走ってるポニョの絵を絵コンテに描いてみて『どっかで見たことあるな』と思ったんですね。風神雷神とかそういうのと繋がってるんじゃないかと思いましたけどね。けっこう、違和感がないんですよね、自分たちにとって

 

54-55ページ:
海なんかでも、しぶきの粒子のひとつひとつまで克明に見えるようなハイビジョンが登場するともう鬱陶しいんです。で、いつの間にか色が肉眼で見るよりずっと派手にコントラストが強くなっててね。それが当たり前になってる。ちょっと尋常じゃない感じがするんですよ、エキセントリックすぎて。肉眼で見たもののほうに根拠を置いたほうがいいって。それにしちゃあ、今回のはずいぶん、派手な背景なんですが

 

2. もう少年が主人公の映画しか作らない(2010年9月)

借りぐらしのアリエッティ」インタビュー

 

110ページ:
だって女性を主人公にする映画じゃダメですよね。本当は少年が主人公の映画が必要なんです。だけど、それはものすごく悲劇的な映画になってしまうんです。少年の存在っていうのは、悲劇にならざるをえないんです。

 

3. 震災、そしてファンタジーの終わり(2011年9月)

コクリコ坂から」インタビュー

 

144ページ:
いや、21世紀になる時から、これからドロドロの世紀が始まるんだと思ってましたから。それは政治的な混乱や軍事的な混乱や、経済的な破綻やね、そういうことの中でとにかく生きていかなきゃいけないような時代になるっていうふうに思ってました。とはいっても、それらが現実化する度にね、驚いてるだけで。

 

178ページ:
いや、死とかそういう問題は別な形で向かいたいですね、自分は。そういうふうになれればいいなと思ってますけど、それはどうしたらいいのかわからない。だけど、86になる友人の父親が脳梗塞になって。体が動かなくなって、泣きながら『死にたくない』って言ってたそうです。でも86歳になって死にたくないっていうのはみっともないですよ。そうなっちゃいけないと思いますね、僕は。

 

4. 初めて自らの映画に泣く(2013年9月)

風立ちぬ」インタビュー

 

204ページ:
たとえば主人公を能動的にしてね、『よし、僕はやるぞ!』とか言って設計事務所に入ってくる人間にしたらそんなのちゃんちゃらおかしくてね、堀越二郎の"ほ"の字にも辿り着かない。違うんです。それは、堀辰雄もそうだったに違いないけど、本当になんかやろうとする人間はね、でかい声で叫ばないですよ。

 

209ページ:
金星というエンジンに付け替えると、零戦は変わったんじゃないかという、金星零戦伝説があるんですけど。本人(堀越二郎)はクールに書いてますね、エンジン付け替えたってダメだって。で、機関銃を減らせって書いてるんですよ。すごいでしょう?20ミリ機関砲2門だけにしないか、というようなことも書いてます。だから、下手な奴が撃つからいっぱいつけようとかいう傾向になってるにもかかわらず、それじゃ飛行機としてダメになる、っていう