読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐ

理転もしたけれど、わたしはげんきです。

伊藤若冲と◯◯:チームラボ

伊藤若冲と◯◯:はじめに
伊藤若冲と◯◯:チームラボ
伊藤若冲と◯◯:ジブリ作品
>to be continued…

 

f:id:sny_njm:20150331140227j:plain

 

伊藤若冲と現代クリエイターの共通項を探るにあたり、本来であれば無意識的に生じた類似性のみに注目すべきではあります。しかし、本稿では、若冲作品をデジタルを用いて再構築したチームラボを取り上げます。

 

文化の連続性・日本的空間把握方法など、チームラボ(猪子寿之氏)のアート作品には哲学が込められています。この発想・捉え方自体がとても面白いのですが、文字にまとめるのは非常に難しいです。そのため、おすすめのYoutube動画を紹介します。未見の方がいれば是非視聴してください。猪子氏が指摘されている内容は梅棹忠夫氏の「情報の文明学」の内容と通ずると強く感じています。そのため、近いうちに双方の内容を整理して投稿する予定です。


1. 《鳥獣花木図屏風》の創作背景

 

f:id:sny_njm:20150331144121j:plain

 

若冲作品の中でも相当な人気を誇る《鳥獣花木図屏風》は、世にも珍しい升目画きによって創作されています。若冲はこのような描画手法を採用したのでしょうか。最終的には単なる興味であったとしても、何かしらアイデアのベースはあったと考えるのが自然です。初めてこの作品を観て以来、なぜこんな手間のかかる作業をこなしたのか疑問でした。一つの理由として、若冲は金銭や生活のために創作する必要はなかったことが挙げられます。しかし、別の(というより主な)理由と考えられる説が存在しています。以下に引用しますが、引用元の書籍発行時よりも更なる研究が学術分野で進展していることが考えられるため、追勉強してアップデートかけます。

 

異能の画家 伊藤若冲 55ページ:
1999年、注目すべき論文が現れました。筆者の泉美穂さんは金沢美術工芸大学の卒業生で、若冲の枡目画を西陣織の「正絵」と関連付けて論じています。「正絵」というのは織物の下工程で作られる、いわば設計図。18世紀半ば以降、西陣では鑑賞用の美術織物が作られるようになります。西洋のタピスリーのように、名画や名筆を織物に仕立てた高級品で、その制作の過程で原画を方眼紙にうつした「正絵」という下絵が作られた。それが若冲の枡目描きの発想のもとになったのではないかというのです。


2. 《Nirvana》の創作背景

 

f:id:sny_njm:20150331140914j:plain

 

チームラボのアート作品の創作背景には、日本的空間認識を巡る文化論が一貫して存在しています。この文化論の詳細は、後継のYoutube動画にて猪子氏が説明されています。チームラボは他の作品と同様に《Nirvana》の製作に際しても、自身の主張を明確にすること・強固にすることを目的としています。そのため、チームラボというクリエイターと伊藤若冲の無意識下での繋がりは確認できません。しかし、代表の猪子氏は、若冲のことを初めて知った時、鳥山明氏・尾田栄一郎氏との間に同じ資質と連続性を感じたという発言をされています。諸外国での評価も高い『ドラゴンボール』や『ワンピース』との連続性を意識されたという点は、とても興味深いと感じています。さらに、そのような意識下で創作されたチームラボの作品も、年を重ねるごとに世界中で注目度が増しています。やはり、猪子氏の感じた連続性が日本の諸外国に対する圧倒的な差別化要因である気がしてならないのです。

 

チームラボって、何者? 17-18ページ:

日本の絵画は、空間認識の論理構造がなかったから平面的で描いたわけではなくて、西洋とは全然違った、でも西洋と同じように、極めて純度の高い論理構造が完全にあったのだと、僕らは考えているんですね。その論理構造を自分自身でもきちんと知りたかったし、その論理構造の特徴を知りたかった。それで、コンピューター上の3D空間にカエルや人物などの立体オブジェクトを作って配置し、その全体を僕らが考える日本の空間認識の論理構造で平面化してみたらどうだろうと考えたんですね。

 

チームラボって、何者? 24ページ:
また今回モチーフにさせてもらった《鳥獣花木図屏風》を初めて見た時、いわゆるファミコン時代の8ビットのピクセルアートみたいだなと思ったんですよ。デジタルっぽいというか、当時のファミコンの制約があった時のドット絵と似ているような気がしたんですよね。

 

チームラボって、何者? 25ページ:
当時、尾田栄一郎さんの『ワンピース』の連載が始まっていて、『ドラゴンボール』の鳥山明さんの正当後継者のように勝手に受け取ってテンション上がっていました。「鳥山明の後継者が登場してくれた!」というノリの感覚の最中に若冲作品に触れたわけなんですが、その時、若冲的な表現から現代までずっと脈々と連なって来たものが、突然ぱ〜っと見えたんです。

 


日本文化と空間デザイン~超主観空間~ | 猪子 寿之 | TEDxFukuoka - YouTube

 

3. 文献

 

チームラボって、何者? [DVD付]

チームラボって、何者? [DVD付]

 

 

異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本)

異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本)