読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐ

理転もしたけれど、わたしはげんきです。

フィリピン留学体験談:体験談(シアトル@ダバオ)

はじめに
学校選びの基準と注意点
格安を実現させる方法
> 体験談(シアトル@ダバオ)

 

f:id:sny_njm:20150331122513j:plain

 

ここでは、ミンダナオ島のダバオにあるシアトルという学校での体験を紹介します。シアトルに滞在した方のブログは他にもありますが、私なりにポイントを絞り、エージェントのサイトや他のブログでの紹介が手薄い情報をお伝えします。


1. 教材

 

f:id:sny_njm:20150331130221j:plain

 

これは公表しにくいのですが、いわゆるオリジナル教材ではありません。しかし、日本で市販されているTOEFL対策本と比較するとその質の高さは歴然です。Speaking・Writingでも模範解答と音源をもらえるため、帰国後の自習にも使えます。講師陣もこの教材をもとに研修を受けているようで、授業の進め方も円滑でした。

 

2. 周辺環境

 

f:id:sny_njm:20150331130333j:plain

f:id:sny_njm:20150331130351j:plain

f:id:sny_njm:20150331130403j:plain

 

まず周辺環境ですが、シアトルの近くにはショッピングモールが3つあります。
写真の順番に紹介します。

 

SM Lanang : スーパーマーケットが綺麗で品数が豊富
Abreeza : とにかく建物が広い、シアトルからは最も近い
Gaisano Mall : 市民が日常的に利用するモール、古くからある

 

SM Lanang・Abreezaは特に清潔です。イオンモールのイメージで大体合ってます。ダバオ市民の感覚としては、SM Lanang>Abreeza>Gaisanoの順番で高級らしいです。どのモールも米国ブランド(スタバ・マック・GAPなど)の店舗が充実しています。その他、ビーチ・日本食レストランも満足できる場所がきちんとあります。

 

治安ですが、他のサイトでも取り上げられている通り非常に平和です。強権市長の政策によるところが大きく、平和ボケの日本人から見ても相当に平和です。暗い夜道を歩いても怪しげな雰囲気は全く感じないので、ご安心ください。

 

3. 食事

 

f:id:sny_njm:20150331130635j:plain

 

※写真は現地のスーパーマーケットです。
シアトルは韓国の方が経営されているため、韓国料理を中心とした食事です。肉・野菜・果物をしっかり摂取できるよう献立が組まれていると思います。しかし、現地の方が調理されるためかメニューの幅が狭く、同じ料理がよくでます。徐々に飽きた私の食事量はみるみると減り、帰国時には3kgほど痩せていました。

 

この対策として、日本からご飯のお供を持参することをお薦めします。白米が毎日あるため、お茶漬けの素・ふりかけ・味噌汁などが有効だと思います。SM Lanang・Abreezaでは日本からの輸入品も販売されていますが、非常に割高です。日本では100円の「のりたま(ふりかけ)」が300円程度で販売されていました。


4. 施設概観

 

実際に私が撮った写真を載せます。少しでもその雰囲気を感じ取ってもらえれば幸いです。

 

f:id:sny_njm:20150331130720j:plain

f:id:sny_njm:20150331130737j:plain

f:id:sny_njm:20150331130807j:plain

f:id:sny_njm:20150331130825j:plain

f:id:sny_njm:20150331130839j:plain

f:id:sny_njm:20150331130855j:plain

 

5. ダバオの風景

 

ダバオはとても穏やかな雰囲気をもった街です。

 

f:id:sny_njm:20150331130948j:plain

f:id:sny_njm:20150331131008j:plain

f:id:sny_njm:20150331131028j:plain

f:id:sny_njm:20150331131047j:plain

f:id:sny_njm:20150331131105j:plain