ぶろぐ

理転もしたけれど、わたしはげんきです。

積読記:認知神経科学(道又爾・岡田隆)

認知神経科学 (放送大学教材) 作者: 道又爾,岡田隆 出版社/メーカー: 放送大学教育振興会 発売日: 2012/03 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る 今回初めて放送大学教材シリーズを読んだのですが、さすが通信教育なだけあって…

文系のための統計学入門書

1. はじめに この記事は次の方を主な対象としています。 ・諸々の事情(仕事/研究)があり統計を学びたい・でも、数式の理解を求められるのは困る・統計学を学ぶというより、統計というツールを使えれば良い 私はもともと法学部出身のため、認知科学・心理…

手がモゾモゾする企画展:フランク・ゲーリー展(21_21 DESIGN SIGHT)

お題「印象に残っている展覧会」 www.2121designsight.jp 建築家フランク・ゲーリー氏の創造手法に迫る企画展であり、建築の内容よりも着想を得る方法、そして、それを完成形にするまで何度も再検討・再構築する大切さを説いている印象を受けました。 興味深…

隠すエロ、攻めるエロ:SHUNGA 春画展(永青文庫)

お題「印象に残っている展覧会」 www.eiseibunko.com 期待していたのは、不意に醸し出される色気とエロスだったのです。 18歳未満の目に触れても法的支障のない作品(の一部)を広告として用いていたため、展示作品もそのようなギリギリのエロスを表現したも…

西野カナと自己肯定感

Day

www.youtube.com トリセツ作詞:Kana Nishino (1番)この度はこんな私を選んでくれてどうもありがとう。ご使用の前にこの取扱説明書をよく読んでずっと正しく優しく扱ってね。一点物につき返品交換は受け付けません。ご了承ください。 急に不機嫌になること…

積読記:人工知能(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー)

ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2015年 11 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/10/10 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 「イシューからはじめよ」で有名な安宅和人さんが自身のTwitterを通して宣伝されて…

トイレのインタフェース

Day

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論 作者: D. A.ノーマン,岡本明,安村通晃,伊賀聡一郎,野島久雄 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2015/04/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 履修中の授業において「身の回…

積読記:鈴木さんにも分かるネットの未来(川上量生)

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書) 作者: 川上量生 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/06/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る ネット世論/ソーシャルメディアとネットメディア/プラ…

積読記:人と芸術とアンドロイド(石黒浩)

人と芸術とアンドロイド― 私はなぜロボットを作るのか 作者: 石黒浩 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2012/09/03 メディア: 単行本 クリック: 18回 この商品を含むブログ (5件) を見る ロボット研究が学問の中心に鎮座する未来 55−56ページ 人間は技術…

「こども向け」は「おとな向け」:ここはだれの場所?(東京都現代美術館)

おとなもこどもも考える ここはだれの場所?www.mot-art-museum.jp もともと会田誠さんのファンだったので、都合がつけば行こうと思っていた企画展ですが、例の件を知ってから一段と気になってしまい、先日足を運びました。 夏休みを挟む企画展なので「こど…

IT企業の時価総額推移から未来を考える

<a href="http://www.economist.com/techfirms" data-mce-href="http://www.economist.com/techfirms">Silicon rally</a>www.economist.com 「未来はどうなるのか。」この究極かつ答えようのない問いに対して、あらゆる分野の人…

【映画】「バケモノの子」の主題はなにか:批評と感想

Day

<a href="http://www.bakemono-no-ko.jp/index.html" data-mce-href="http://www.bakemono-no-ko.jp/index.html">「バケモノの子」公式サイト</a>www.bakemono-no-ko.jp 公式には「冒険活劇」という括りですが、その感想を述べる多くの人が「親子の絆・父子関係」が主題であると述べています。しかし、細田守監督の真意はそこに留まらないと私は思います。細田守監督は宮崎駿…

積読記:人と「機械」をつなぐデザイン(佐倉統)【引用】

今週のお題「読書の夏」 人と「機械」をつなぐデザイン 作者: 佐倉統 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2015/02/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 本書の中で特に印象的だった箇所を、以下に引用させていただきます。 17ペー…

積読記:人と「機械」をつなぐデザイン(佐倉統)

今週のお題「読書の夏」 人と「機械」をつなぐデザイン 作者: 佐倉統 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2015/02/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 本書の良いところは、とにかく未来だけを論じていることだと思います。今後ど…

Robi vs Sota:唯一にして決定的な違い

現在の私の興味領域に影響を与えた著名人は数々いらっしゃいますが、その中の一人がロボット・クリエイターの高橋智隆さんです。Robiを初めて見た瞬間に「なんで、これを可愛いと思うのだろう。」と感じたことが、ロボットと人間の関係を考える分野に足を踏…

積読記:弱いロボット(岡田美智男)

弱いロボット (シリーズ ケアをひらく) 作者: 岡田美智男 出版社/メーカー: 医学書院 発売日: 2012/08/24 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 7回 この商品を含むブログを見る Sociable Trash Box - ICD Lab, Toyohashi ... 鉄腕アトム・ドラえもん・機動…

なぜ高校にキャリア教育がないのか

Day

本来は自ら学んでいくものだと思いますが、社会と繋がる方法の多様さ・選択肢の広さ(その習得をキャリア教育としますね)を高校時代にしっかり学びたかった思いがあります。この思いは、「自分がやりたいことをする!」といった世間で光り輝くバズワードと…

積読記:新版アフォーダンス(佐々木正人)

新版 アフォーダンス (岩波科学ライブラリー) 作者: 佐々木正人 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/01/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る アフォーダンスという言葉を初めて耳にしたのは、いつだっただろうか。…

「意識高い」の三段活用

Day

&amp;amp;lt;a href="http://www.nhk.or.jp/pyd/ishiki/" data-mce-href="http://www.nhk.or.jp/pyd/ishiki/"&amp;amp;gt;その男、意識高い系。 | NHK プレミアムよるドラマ&amp;amp;lt;/a&amp;amp;gt;www.nhk.or.jp 話題になっているかは不明ですが、NHK BS…

積読記:続・風の帰る場所(宮崎駿)

続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか 作者: 宮崎駿 出版社/メーカー: ロッキングオン 発売日: 2013/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 本書は「風の帰る場所」の続編であり、「崖の上のポニョ」か…

積読記:現代アートの本当の学び方(会田誠 他)

現代アートの本当の学び方 (Next Creator Book) 作者: 会田誠,荒木慎也,大野左紀子,苅宿俊文,暮沢剛巳,谷口幹也,土屋誠一,筒井宏樹,成相肇,橋本誠,日比野克彦,福住廉,三脇康生,村田真,山木朝彦,川崎昌平,フィルムアート社編集部 出版社/メーカー: フィルムア…

積読記:風の帰る場所(宮崎駿)

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫) 作者: 宮崎駿 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/11/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る インタビュー嫌い(というより、自分の発言が活字にされることが嫌い)な宮崎駿…

伊藤若冲と◯◯:ジブリ作品

Art

>伊藤若冲と◯◯:はじめに >伊藤若冲と◯◯:チームラボ >伊藤若冲と◯◯:ジブリ作品 >to be continued… 1. 若冲の《五百羅漢》 若冲が下絵を描いて石工に彫らせたという石峰寺の《五百羅漢》。伯珣照浩(はくじゅんしょうこう)という中国僧侶の菩堤を弔う…

伊藤若冲と◯◯:チームラボ

Art

>伊藤若冲と◯◯:はじめに>伊藤若冲と◯◯:チームラボ>伊藤若冲と◯◯:ジブリ作品>to be continued… 伊藤若冲と現代クリエイターの共通項を探るにあたり、本来であれば無意識的に生じた類似性のみに注目すべきではあります。しかし、本稿では、若冲作品をデ…

伊藤若冲と◯◯:はじめに

Art

>伊藤若冲と◯◯:はじめに>伊藤若冲と◯◯:チームラボ>伊藤若冲と◯◯:ジブリ作品>to be continued… 1. 若冲と現在 伊藤若冲の略歴・生涯・作品群の紹介は、他のブログや文献に譲ります。ここでは、若冲の作品群と現代日本 ー その中でも諸外国との差別化を…

積読記:情報の文明学(梅棹忠夫)

情報の文明学 (中公文庫) 作者: 梅棹忠夫 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 1999/04 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 617回 この商品を含むブログ (91件) を見る 本書は、梅棹氏の論文「情報産業論」を中心として、その前後に発表した論文や講演…

積読記:日本語の作文技術 新装版(本田勝一)

新装版 日本語の作文技術 作者: 本多勝一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/09/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 16人 クリック: 109回 この商品を含むブログ (50件) を見る 今の時代、一言入魂で言葉を紡いで拡散させる技術の方が大切かもし…

大学院入試対策ー学際情報学府ー

1. はじめに この記事は次の方を主な対象としています。 ・東京大学大学院学際情報学府総合分析情報学コースを志望している ・情報系の学部ではないが、大学院ではその分野を研究したい ・周囲から十分な入試対策情報を得られていない 上記の方を主な対象と…

フィリピン留学体験談:体験談(シアトル@ダバオ)

> はじめに> 学校選びの基準と注意点> 格安を実現させる方法> 体験談(シアトル@ダバオ) ここでは、ミンダナオ島のダバオにあるシアトルという学校での体験を紹介します。シアトルに滞在した方のブログは他にもありますが、私なりにポイントを絞り、エ…

フィリピン留学体験談:格安を実現させる方法

> はじめに> 学校選びの基準と注意点> 格安を実現させる方法> 体験談(シアトル@ダバオ) 学校選びの基準と注意点を参考にしていただければ、3校程度まですぐに絞れるでしょう。そこから最終的に1校に絞って申込みを完了するために考慮すべき点は以下の…

フィリピン留学体験談:学校選びの基準

> はじめに> 学校選びの基準と注意点> 格安を実現させる方法> 体験談(シアトル@ダバオ) すでに留学を終えた者として、以下3つの基準をお薦めします。優先順位は番号の通りです。そして、下記以外の要素は考慮不要であると考えています。その理由は後…

フィリピン留学体験談:はじめに

> はじめに > 学校選びの基準と注意点 > 格安を実現させる方法 > 体験談(シアトル@ダバオ) 年を追うごとに注目度が上がっていますね。フィリピン留学専門のエージェントも多数あり、各社とも丁寧に情報発信されています。私自身、フィリピン留学を検…